定期預金にはメリットとデメリットがあるので注意しましょう。

お金を増やすための7つのポイントをまとめました。 > お役立ちマネーコラム > 仕組みから学ぼう。定期預金のメリットとデメリット

誰でもできる堅実な定期預金

資産運用の方法の一つに定期預金があります。
定期預金は多くの人が行っている投資方法です。
誰でも始めることでき、簡単です。
投資のように負ける、損をする、ということもない堅実な方法です。
しかし定期預金にもデメリットはあります。
定期預金のメリットとデメリットを把握し、自分に合った資産運用をしましょう。

定期金のさまざまなメリット

利息が高いのがメリット
定期預金のメリットの一つは定期預金をすることで、普通預金よりも利息が高いです。
預金する金額と期間により異なりますが、金額が大きく期間が長いほど利息が高くなるのがメリットです。

短期間の定期預金がある
定期預金は期間が長いという印象があるでしょう。
しかし、3ヵ月、1ヵ月、銀行によっては2週間、1週間などの短期定期を用意しています。長い期間は心配という人にとって、田短期預金はメリットとなります。

デメリットもある定期預金

中途解約ができないのがデメリット
定期預金のデメリットといえば、中途解約ができないことです。
満期を待たずにお金が必要になったときには中途解約をしなければならず、当初の利息がもらえず、中途解約利率というものが適用されてしまいます。

中には普通預金の方がサービスがいいことも
近年では普通預金のサービスが充実していて、そちらの方が定期預金よりもお得になることがあります。
よく検討しないと定期と金がデメリットになってしまいます。

内容をよく検討することが大事

定期預金は普通預金よりも利息が高いのがメリットです。
最近では短期定期預金などもありさまざまな内容があります。
一方で普通預金サービスも充実しているので、どちらがお得か、どちらが自分に合っているかをよく検討することが大事です。