年代別の資産運用の成功例と失敗例から改善点を見つけましょう。

お金を増やすための7つのポイントをまとめました。 > 年代別!資産運用の成功と失敗例

資産運用の成功例と失敗例を知る

資産運用を成功させるためには勉強をすることも大事ですが、本を読んでもピンと来ないこともあります。
理解して資産運用を失敗しないためには、成功例や失敗例を知ることではないでしょうか?
特に年代別の成功例と失敗例を紹介しますので、参考にしてみてください。
年代別の体験談でより深く資産運用を理解し、成功につなげられるでしょう。

安心感のある資産運用

年代別:30代の成功例
就職難を経験した自分は老後の不安を抱えていました。
そこで資産運用をするにあたりいろいろ検討した結果、マンション投資をすることに。
マンション投資は現物投資なので安心してできると考えたからです。
会社員なので物件管理は不動産会社がサポートしてくれていますので安心してできます。
このような資産運用であれば、失敗のリスクが少ないと思います。

焦らず自分の範囲内で

年代別:40代女性の成功例
子どもの教育資金のために資産運用をスタートしました。
私は純金積み立てをしていました。これなら元本割れの心配もないし安心してできると考えたからです。
最初は3,000円から始めました。堅実に行っているのが成功の秘訣なのでしょう。

年代別:50代の男性の成功例
自分は国債が安心だと考えています。
そこで、10年満期の利付国債を選択しました。
利率で有利という点が選択理由です。
じっくりと資産運用をするのも失敗しない秘訣です。

リスクヘッジを実践

年代別:70代男性の成功例
インフレリスクの回避を考え、一部の資産を金に投資しました。
不動産投資も検討しています。

年代別:60代女性の成功例
私は外貨預金で資産運用をしています。
最初は一気にドルを購入するという方法で行っていたのですが、現在ではリスクヘッジを考え、少しずつやり方を変えています。
それが一定の約定代金分を分割して買う方法です。
この方法であれば安心して資産運用をすることができます。

計画的な資産運用が大事

年代別:30代男性の失敗例
資産運用なんてギャンブルと同じ、という感覚でした。
株式投資も見返りの大きさに惹かれて行っていましたがそれが失敗のもとです。
リスクのことなんて考えていませんでした。200万増やしても、すぐになくなってしまうことも。
これでは資産を増やすことは無理です。計画的に行うべきだと反省しています。

年代別:30代女性の失敗例
資産を日本円ではなく外貨で持つことが大事、と聞いて始めた資産運用だったのですが、失敗。
予測が甘かったですね。

周りの声に頼って失敗

年代別:40代男性の失敗例
株式投資を始めた頃、購入した銘柄が高騰したことがあって、うれしかったのですが同時に不安もあり、ネットでさまざまな情報を集めたんです。
まだまだ大丈夫、という声を信じて売らずにいたのですがそれが下がってしまって…。
結局失敗に終わりました。自分で勉強せずに情報ばかりに頼っていたことが失敗の原因です。
自分の責任でしっかり把握して資産運用を行うことが大事ですね。

勉強不足が失敗の原因

年代別:60代男性の失敗例
分散投資という意味をよく把握していなかったため、IT関連株が下落したときにひどい目にあいました。
失敗しないよう、慎重に資産運用をしているつもりが勉強不足だったことに気づいたときには後のまつりでした。
大きく儲けようと考えていたわけではなかったのに、資産運用についてよく勉強しないまま行っていたことを後悔しています。

成功例と失敗例から学ぶ

年代別の成功例と失敗例を見ると、計画的に行うことや勉強することが大事、ということが分かります。
堅実に資産投資をしていても自分で理解していなかったら、失敗するということも理解できたのではないでしょうか?